最も多い審査落ちの理由とは

「バンクイック」は即日融資と審査に通りやすい銀行カードローンとして口コミなどでも評判の銀行カードローンです。しかし、口コミの中には「申込をしたけれど審査に通らなかった」というような書込み見られます。

審査に通りやすいと言われている「バンクイック」ですが審査に通らなかったのは何が原因になっているのでしょう。

 

アコムの保証が受けられる事が第一条件

バンクイックの申込み条件を見ると、「保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客様」という一文があります。銀行カードローンはすべてと言ってよいほど、保証会社の保証を受けられる事が融資条件になっています。ですから「バンクイック」で融資を受けるには「アコム」の審査に通らなければなりません。

「アコム」が審査をするのは、「バンクイック」でお金を借りた人が返済不能になった時、アコムは利用者に変わって「バンクイック」へ代位弁済をします。その後債権は「バンクイック」から「アコム」へ移動し、アコムが代わりに回収をする事になります。

基本的に「バンクイック」は「アコム」が融資を保証するので、利用者が返済できなくなっても被害を受ける事はありません。ですから、審査は「アコム」が行うという事になっています。

 

仮審査と本審査

バンクイックの審査は仮審査と本審査とがあります。仮審査に通った時でも、まれに本審査で落されてしまう事があります。「仮審査に通ったから大丈夫」と期待している分、本審査で落ちると非常に残念な気持ちになりますが、こればかりはどうしようもありません。

では、どのような場合に本審査に落ちてしまうのでしょうか。

キャッシングの申込で審査に通らない原因で最も多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れ、嘘の記載をした時と言われています。申込書に記入ミスや記入漏れが原因で、本人との連絡が取れなかったり、在籍確認が出来なかったりしたため審査が出来なかったという事も有ります。また、少しでも審査を有利に進めようと思って、嘘の記載をする人もいます。

嘘の記入をしてもばれないと思っているようですが、嘘を書いてもすぐにばれてしまい、審査は即終了となってしまいます。申込書の記入は、いくら急いでいても、提出する前に再度内容確認する事がポイントです。