審査に通らない理由は?

銀行カードローンは、消費者金融と比べて、審査は厳し目と言われています。そんな中三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は申込者に対して、出来る限りのサービスを行っていると言えます。

銀行カードローンの中でも、比較的審査に通りやすいと口コミなどでも評判ですが、申込をすればすべて審査に通る訳でもなく、融資を断られたという書き込みも見られます。

 

バンクイックの申込条件

「バンクイック」の申込条件は、

  • 申込み対象年齢は、20歳~65歳までの収入のある人。
  • 正社員に限らず、非正規雇用のパートやアルバイト、派遣社員も申込が可能。
  • 融資が難しい学生やフリーター、専業主婦でも融資可能です。
  • 収入が少なくても「バンクイック」の審査基準を満たしていれば、審査落ちすることはありません。

消費者金融などでは専業主婦や学生などは一切融資不可ですが、「バンクイック」は学生なら限度額10万円まで、専業主婦なら限度額30万円までの融資が受けられます。

 

専業主婦や学生の融資条件

専業主婦で申込できる条件は、本人に収入がなくても、配偶者(ご主人)に安定した収入があれば、配偶者の同意がなくても申込が出来ます。学生の場合は、保護者の同意があれば融資が受けられます。

専業主婦は無職の学生は消費者金融では無収入のため受け入れして貰えませんが、「バンクイック」なら融資して貰えるので、心配する必要はありません。

バンクイックの審査落ち

「バンクイック」はよほどのことが無い限り、審査落ちすることは無い様に思えますが、だからと言って100%審査に通ると言う保証は何処にもありません。

ではどういう時に審査に通らないのでしょう。

  1. 希望限度額が高すぎる。
    収入に比べて借入希望額が異常時高すぎる場合は審査に通りません。
  2. 申込書の記入ミスや記入漏れ、または嘘偽りの申込みをしてばれた場合
    少しでも多くを借りたいと思い、年収や他社借入に虚偽の内容を記入した場合
  3. 保証会社の「アコム」で審査に通らなかった
    「バンクイック」を申込む前に「アコム」へ申込をして審査に落ちている場合

大まかなところで、上記のような事があれば審査に通りません。「バンクイック」へ申込をする時はせめてこれらをクリアしてから申込むのがポイントです。